Amatellus (アマテラス)

 多拠点用 総合気象GIS Amatellus(アマテラス)

Amatellus®(アマテラス) はさまざまな気象災害から命を守る総合気象GISです。

アマテラスの特徴

 

アマテラスの特徴

 
高い更新頻度と緻密な予測範囲
一般の天気予報は1日3~4回と更新頻度が少ない上、予測範囲が20kmごとと大まかなため、狭い範囲で急速に発達するゲリラ豪雨や雷雲を捉えることが難しいですが、「Amatellus®」では 5分に1回(1日288回)という圧倒的な更新頻度と、 1km四方の緻密な予測範囲 により、急激な気象変化を逃さず捉えることが出来ます。
様々な気象変化をリアルに掌握可能
「アマテラス」は雨・雷の他に、気温・風向風速・天気・熱中症・警報注意報・地震・台風・河川洪水等の最新情報を網羅し、各要素を地図上に重ねて表示することで様々な気象変化をリアルに掌握することが出来ます。
アマテラス 様々な気象データ イメージ

雨と雷の重ね合せ

雷実績と雷予測

監視エリアを任意に設定し、気象変化を自動メール配信可能
最も重要なのは「監視エリア」を地図上に任意に設定し、エリア内の気象変化をアラートとして自動メール配信する機能です。
監視エリアは任意の場所に設定可能です。これにより、監視エリアで何らかの気象リスクが発生した場合、直ちに対応をとることができ、迅速で詳細な気象予測は、工事等実施の判断や安全管理等、様々に活用することができます。
Amatellus® は、株式会社ベストテクニカルサービスの登録商標です。